ロマンチックなサプライズプレゼントなら『月の土地』をプレゼントしてみてはいかが?

なんとびっくり!ネタや詐欺ではなく本当に『月の土地』が買える?!

 

これぞ彼から彼女へのロマンチックなサプライズプレゼントの代名詞とも言えるのがこの『月の土地』プレゼントです。

月の土地が買えると聞いて、まず初めに思い浮かぶのが「え?それ本当?」とか「詐欺じゃないの?」とかいうことだと思います。

僕もこの月の土地購入について色々と調べてみたのですが、どうやら本物らしい。

この月の土地を販売している公式サイトに書かれていたことですが、宇宙に関する法律は1967年に発効した、「宇宙条約」しか無く、その宇宙条約には「いかなる政府も、月やその他の天体を専有してはならない」とはっきり書かれているそうです。

しかしながら月の土地を企業または個人が所有していいかどうかについてはっきりと書かれていませんでした。

そこに目を付けたルナエンバシーCEOのデニス・ホープ氏が、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し、所有権の申し立てを行なった結果、なんとこの申し立てが受理されたということです。しかも念のため月の土地権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にまで提出したそうなのですが、誰もこれに文句を言わなかったため、1980年にネバダ州にルナエンバシー社を設立し、月の土地を販売し、土地の権利書の発行を行うようになったという経緯があります。

1980年に販売開始されたということですから、なんと30年以上も販売し続けていることになりますね。現在では130万人もの月の土地所有者が存在するということです。

このような経緯があるということですから、月の土地はネタや詐欺ではなく、本当に所有できてしまう可能性が高そうですsparkles

『月の土地』のお値段はおいくら?

では次に気になるのは月の土地のお値段。月の土地ですからさぞかし高額なお値段なのだろう…と、思いきや、なんとお手頃価格で購入できちゃうみたいです。

月の土地のお値段

 
安くて3000円前後、ちょっと高いセットのお値段でも7000円前後とかなりお求め安くなっています。この安さが人気の秘密の一つかもしれませんね。

さらにロマンチック度が上がる月の土地プレゼントの『連名注文』

この月の土地購入には『連名注文』という注文の仕方があります。

連名注文とは1つの土地の権利を2人の名義で購入すること。

ですので例えば夫婦恋人の2人の名前で土地の権利を登録し、権利所書にも2人の名前が記載されるということです。

これは非常にロマンチックですね。特にまだ結婚していない恋人の間柄だと、婚約を交わしたような気分になれそうです。

僕も恋人ができたら連名注文で月の土地をプレゼントしてあげたいですね~relaxed

誕生日、クリスマス、ホワイトデーなどに彼から彼女へのロマンチックなサプライズプレゼント『月の土地』はいかがでしょうかwink

 

⇒ロマンチックなサプライズプレゼント
『月の土地』をプレゼントしてみませんか?


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ